高校では英語は体育や美術のように

率先垂範型英語教育の実践

理想の学校英語教育の形は、中学では英語の基礎知識のインプット作業を今以上に徹底することおよび、大学受験から英語を科目として廃止することだと述べました。それでは、中学三年間でインプットを終えた後高校においてどのような方法によって英語を教えていけばよいのでしょうか。私は、高校での英語は「体育」や「美術」のような科目と同じような位置づけにすることだと考えています。

中学生留学のメリット

日本人のほぼ全てが学校で体育や美術の授業を受けます。その中で、100M走で足の早い人遅い人はいても走ることのできない人は健常者であれば存在しません。

美術の描画に関しても絵を描くのが上手な人,下手な人はいても絵を描くことができない人はまず存在しません。

英語に関しても、日本人の英語学習者の全てが、英語を話すことが上手、苦手はあっても英語で話すことができない人はいないという状態を作ることができると思います。

話を単純化するために、体育の科目との比較によってこのことを説明してみたいと思います。
体育の授業ではたとえば、走り高跳びの授業の場合、助走の仕方や飛ぶ位置、飛ぶときの姿勢について、長い時間をかけて黒板やテキストを用いてレクチャーをするのではなく、まずは実際に生徒に飛ばせてみて、その結果、課題となる部分について指摘するなどの方法をとると思います。

英語に関してもこれと同じような要領でやってみればよいのです。まず、実際に英語で会話をすること、これを実践することが何よりも重要なことはいうまでもありません。

実践を可能とするための前提条件

中学生留学のメリット

ただし、英語と体育や美術との間には大きな違いがあります。

それは、体育や美術では、人はみな健常者であれば、もともと体を動かしたり、何かしらかのものを創作することはできるが、英語では、全く知識がないところからでは、どうにも会話が成立しないということです。

ですから、中学までは、英語の基礎知識である語彙と文法を徹底的にインプットするという作業が必要となるというわけです。
この点では、日本の英語教育は中学(高校受験)まではその方向性も、実行方法についても全く問題のない最も効率的、効果的な方法をとっていると考えています。

実践に必要な教師の役割

さて、話を元に戻しますが、この考え方で一番重要なことは英語の教師の役割ということになります。

英語で会話をすることが授業の中心となれば、当然にして英語の教師は英語で会話をすることがまず、最低限必要な能力ということになります。このように、英語を用いて英語を教える方法は直接法と呼ばれます。

この要件によって現在の英語教師のかなりの割合が危機感を募らせてしまうのではないでしょうか。

英語の教師が英語を話すことができないことに危機感を募らせるという国は世界広しといえども日本くらいのものではないかと良くいわれますが、残念ながら事実として受け止めなければなりません。しかし、私はそこで必要とされる英語は完璧な英語である必要は全く無いと思います。

体育の授業風景を思い浮かべてください。

体育の教師は自ら走り高跳びをして見せる必要があるでしょうか。中には、身体能力に優れ、自らが実際に見本を見せることのできる教師もいるでしょう。

しかし、一般的には、クラスの中で一番運動神経の優れた生徒を抽出し、その生徒に実際に飛ばせてみせ、その見本を利用してポイント解説するというような形をとるのではないでしょうか。これと同じことが英語でもいえると思います。

英語教師がネイティヴと同じようにキレイで間違いのない英語の使い手でなければならない必要性などどこにもありません。極端な話、教師が生徒が知っている英語を全てを知っていなければならないという必要さえないと思います。

ここで英語教師に必要なのは日本語を一切使わず、その教師の英語の上手下手に関わらず、英語だけで授業をやりきる「勢い」と生徒に日本語を使わずに授業を乗り切らせるだけの「交通整理力」の二つにあると思います。

それでは、コミュニケーション中心の英語授業における「勢い」と「交通整理力」を備えた英語教師像とはいったいどのようなものなのでしょうか。

それは、良きモチベーターになることではないかと思います。

その授業時間全体の中で生徒に対して、英語を使って自分の意思を通じ合わせる経験をできるだけ多く積ませ、「通じた!」というなんともいえない興奮、向上感、優越感等を感じさせ続けることができる能力を持った人ということになります。

ですから、まずは自らが現状持ちうる全ての英語の知識を会話に持ち込むことです。自らが生徒の前で、自らの意思を伝達するために必死になって、もてる全ての知識を搾り出して「通じる」という状態を作り出す場面を生徒に見せることです。

英語でのコミュニケーションの本質は英語を「正しく使うこと」よりも、「通じる」ことなのです。文法的に間違っていても「通じる」限りにおいて正解であるということを身をもって明らかにするのです。そして、その文法的な間違いに気がついたのであれば、どうしてそれが間違いなのかという指摘を「英語で」説明することです。このようにクラス全体を誘導していくのが教師の「交通整理力」なのです。

すなわち、教師がある単語や語法を知らないということは教師にとって「危機」ではなく、授業のトッピックを提供することになる「好機」となるのです。そして、クラスの中で教師以外で知っている生徒がいたら、その生徒に表現させ、教師がその説明をより深めてあげる役割を果たすことが重要であると考えます。

つまり、教師が「知らない」ということは「恥」ではなく、コミュニケーションの起爆剤になりうると捉える風潮を作り上げることがコミュニケーションの本質を生徒にも理解させることにつながると考えます。

大学受験での英語科目廃止論

「使える英語」への処方箋

理想とすべき英語教育
大学受験での英語科目廃止論
英語は体育や美術のように
外国人講師による英語でサファリ
小学校英語指導者向け合宿
具体的な英語教育方法
英会話合宿(国内留学)と海外留学の比較
英会話合宿(国内留学)と英会話教室の比較
「英会話合宿(国内留学)」という解決方法

その他のサービス

書籍紹介Books Recommend

しなやか英語辞典 SHINAYAKA DICTIONARY

メルマガ MAIL MAGAZINE

公式フェイスブックページ 国内留学倶楽部 FACEBOOK

一般社団法人 日本実用外国語研究所 JIPFL

TEL:0120-536-730